歯 ホワイトニング 市販 効果

市販のホワイトニング歯磨き粉は効果あるの?

歯の黄ばみや、歯にこびりついた茶色いステインに悩んでいる人が多いかと思います。そして、「ホワイトニング歯磨き粉を使って歯が白くなるの?」という問いに対しての答えは、「イエス!」。ご安心ください、あります。

 

ホワイトニング歯磨き粉は、歯の表面に茶色くこびりついてしまった茶色いステインをしっかりと落としてくれて、歯が元のように白く戻してくれる効果があります。市販のホワイトニング歯磨き粉(特に通販で販売しているホワイトニングジェル)は、歯のエナメル質ににこびりついた汚れを、その表面からはがしとって、取り除いてくれるようになっています。

 

ただ、市販のホワイトニング歯磨き粉でも、おすすめと、そうでないものがあります。どんなホワイトニング歯磨き粉を選べば効果があるのかについては、ページの後半で詳しく説明しますね。

歯磨き粉でホワイトニングすることについて

「歯のホワイトニングをしたいなら歯磨き粉で!」というのが、あなたにとっても最終的に一番のおすすめの方法だと思います。歯のホワイトニング方法には、歯磨き粉を使う以外のやり方もあります。

 

例えば、歯医者さんに行って、ホワイトニングしてもらう方法。歯医者さんでやってもらう方法には、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングと呼ばれる2つがあります。歯の白さだけをみたら、この2つ方法は、かなり効果は期待できます。特にオフィスホワイトニングは、かなり歯が白く見えるようになるはずです。

 

ただ、手間は掛かるし、費用も莫大に掛かるんですよね。詳しくはこのページで追って詳しくお話ししますが、総合的に考えると、歯医者さんでのホワイトニングは、私たちにとっては「どうなんだろう?」という気持ちがします。

 

果たしてそこまでして、歯医者さんでホワイトニングを施術してもらう必要があるのだろうか、と思うわけです。ホームホワイトニングも同様の理由で、おすすめとは言い難いと考えています。

ホワイトニング歯磨き粉のメリット

歯磨き粉を使って歯のホワイトニングをするメリットは、費用面と手間が掛からない、という点です。歯医者さんでのオフィスホワイトニングとホームホワイトニングは、数万円から十万円以上もの費用が掛かります。それだけの費用を支払って、永久に白い歯が手に入ればまだいいですが、効果の持続期間には限界があります。

 

オフィスホワイトニングは、数か月。ホームホワイトニングでも約1年くらいで、ホワイントニング効果が薄れてきます。効果が薄れてきたら、再び歯医者さんに行って、ホワイトニングをしてもらう必要があります。これを延々に繰り返す必要があるんです。それだけ費用もかさんでいきますし、手間も掛かります。これが歯医者さんでのホワイトニングの現実です。

 

いっぽう自宅でできる歯磨き粉を使ったホワイトニングは、日々日常的に続けることですので、途中で効果が薄れるとかいったことはありません。オフィスホワイトニングとかのように、ピカピカの白い歯、というわけにはいきませんが、歯の持つ本来の白さを取り戻す効果があります。

 

今まで使用していた普通の歯磨き粉をホワイトニング用歯磨き粉に代えるだけですので、手間は全く増えません。今まで通りに、歯磨きをするだけです。費用も1ヵ月、数千円以下で可能ですから、経済的にも優れています。続けやすさ、経済面からも歯磨き粉を使用したホワイトニングはメリットがあると言えます。

ホワイトニング歯磨き粉のデメリット

とにかく、芸能人のような真っ白ピカピカの歯にしたい、という人には、ホワイトニング歯磨き粉は適さないでしょう。それがデメリットと言えるかもしれません。ホワイトニング歯磨き粉は、歯の汚れを適切な方法で取り除くことにあります。

 

歯医者さんでのオフィスホワイトニングは、歯の表面に加工を加えて、見た目的に歯が白くなるように施術する方法です。アプローチが全く違うわけです。ですので、歯が本来持っている白さ以上に、歯を真っ白にしたい、ということになると、歯磨き粉を使った方法では無理だということは知っておくべきでしょう。

どんなホワイトニング歯磨き粉を選べば効果があるのでしょうか?

重要なポイントは、研磨剤未使用のホワイトニング歯磨き粉を選ぶこと。単純にその場の効果だけを見れば、研磨剤入りでも無しでも効果は同じかもしれません。ただし、長期的な目で見た場合、研磨剤が入っていないホワイトニング歯磨き粉の方が、より効果があると思った方が賢明と言えます。

 

その理由は、なんでなのでしょうか?その理由は、研磨剤は歯の表面のエナメル質を傷つける恐れがあることに因ります。研磨剤は、歯の表面を、ある意味削って汚れを落とします。削れてしま歯の表面には、汚れやばい菌がたまりやすくなります。

 

そうすろと、その箇所が恒常的に汚れが不着した状態となり、歯が汚れて見えるようになってしまうからです。研磨剤入りの歯磨き粉で歯を磨いた直後は、歯の汚れが落ちたように見えるかもしれません。

 

ただし、長期的に見ると、その部分は汚れてくる、という意味です。世間に出回っている安価なホワイトニング歯磨き粉は、この研磨剤が入った歯磨き粉となりますので、注意が必要です。長期的な視点でホワイトニング効果がある歯磨き粉を選ぶとしたら、研磨剤無しのホワイトニング歯磨き粉を選ぶようにしてください。

市販(通販)のホワイトニング歯磨き粉のリスト

市販のホワイトニング歯磨き粉を選ぶとしたら、研磨剤無しの歯磨き粉を選ぶことの重要性については、お話ししました。市販と言っても、一般のドラッグストアや薬局で販売しているホワイトニング歯磨き粉のほとんどは、

 

研磨剤入りです。研磨剤無しの歯磨き粉を選ぶなら、通販で探すのがおすすめです。通販ショップを見ますと、いろいろな種類の研磨剤不使用ホワイトニング歯磨き粉を見るけることができます。はははのは、プレミアムブラントゥース、レディホワイト、ちゅらトゥースホワイトニング等、ドラッグストアではお目に掛かれないようなホワイトニング歯磨き粉を発見できるはずです。

 

これらは全て、研磨剤を含んでないホワイトニング歯磨き粉となります。その中でも、「はははのは」は、費用面でも一番優れ、定期購入の回数の縛りもありませんので、おすすめです。